中学生のニキビ跡を治すにはどうすればいいの?

 

中学生のニキビといえば思春期ニキビですよね。

中学生のニキビ跡を治すには?

思春期ニキビは成長ホルモンの分泌によるものが
多く、皮脂が過剰に分泌されるために起きてしまいます。
できることならば、その皮脂の分泌を抑えてくれる化粧水などの使用や、皮脂を必要分だけ落としてくれる洗顔料を使用することが大事なのですが、ニキビ跡としてできてしまったらこれらのケアだけでは不十分な場合があります。

 

若いから大丈夫、なんて放っておいてもニキビ跡は治りにくい性質なので、はやめに治すように心がけることで後々にも残らずに済みます。

 

確かに若いというのは利点

で、その分皮膚細胞の再生もはやいので、完治までは長くとも、薄めていくのは
かなりはやいと思います。

 

生活習慣の見直しが大切

夜中に起きていたり、不眠が続いていたりすると、若いといえども細胞の再生が
遅くなってしまうので、できる限り夜の10時から2時まではしっかり眠ることが必要です。
この4時間はゴールデンタイムと呼ばれ、肌の活性化がもっとも促される時間帯です。

新陳代謝をうながしターンオーバーを正常化する

ニキビ跡も肌の表面からやがて消えてなくなります。

 

肌の表面を清潔に保つことも肝心ですが、お肌の状態は
内臓の状態も関与して現れるので、生活習慣をきちんと見直しましょう。

 

⇒中学生のニキビ跡を治す比較ランキングはこちら