赤みのニキビ跡を治すにはどうすればいいの?

 

赤く色素沈着したニキビ跡って意外と目立ちますよね^^;

赤みのニキビ跡を治すには?

1つだけでも気になるのにそれが複数あると気になって
しょうがありません。

 

しかしそれなりの対策もあるようです。

 

赤みのニキビ跡は、

  • ニキビの炎症によって肌の真皮層が傷つく
  • 毛細血管が壊れて出血している状態

のことを言います。

 

血液に含まれる成分が赤黒く変色して、それが皮膚に色素沈着してしまったがために、
表面上は赤く跡としてのこってしまうのですね。

 

治療としては洗顔や保湿を丁寧に行うように心がけること
お肌の新陳代謝を促進する

ことでもよりはやく治すことができます。
色素沈着している血中成分ヘモグロビンは、ターンオーバーで肌の外側へ追いやることが
できるので、新陳代謝を高めることでターンオーバーを正常に行われるようにして、肌の健康を
保つことで赤みは薄まっていくはずです♪

 

レーザーによる治療も効果的だと言われている

もっとはやく治したい!!という要望であればレーザーによる治療を受けることも
ひとつの方法です。

 

ほっておいたからといって治るわけでもないので、
赤みニキビ跡ができてしまったら、あきらめて治療に
専念することで、ほっておくよりもはやく治すことができますよ^^

 

 

 ⇒赤みのニキビ跡を治す比較ランキングはこちら